眼底検査をしてきた

不便な生活

いつも行っている眼科に行った。
今日は眼圧と眼底検査だと。
まずコンタクトを外す。
あせってなかなか外れなかった。
目薬を差して、やっと外した。
不便なものだね。
最初に眼圧を図る。11と14だと。いい数字だとか。
次に眼底検査だ。これは初めてだ。
真っ暗な中で目を開いて図ってくれた。

 

その後女医さんの診察。
目に光を当てながらの検診。
右目は見えないとか言っているが、黄斑変性が出ているとか。
それがひどくなると、今度は左目に負担がかかってしまうと。
それが心配だとか。
そこで黄斑変性に効く、薬を出しましょうと。
これを飲んでいると、多少見えるようになった人が何人もいるとか。
そこで試してみる価値はあると思いますよと言われました。
緑内障と白内障は進んでいないとか。

 

また今日は眼底を見せてもらいましたが、別段悪い所はないとか。
ただ瞳が開いた状態なので、ぼやっと見えると思います。
段差なんかもわかりにくいと思います。
2時間くらいで元に戻りますと。
それまで歩くときに注意してくださいと。
少し休んでいきますかと。
そこで30分くらい待合室で静かにしていました。

 

その後調剤薬局で薬をもらい、お薬手帳に薬の内容を貼ってもらい、今までのとの副作用を見てもらう。
別段副作用を起こすものはないと。
コンタクト用に防腐剤の入っていない目薬を買いました。
これが先生のお勧めの目薬だ。
あと1時間ちょっと時間つぶしをしなければならない。
まぶしくてよく歩けない。

 

そこで地下のいつものパチンコ屋に行く。
自動販売機で缶のアイスコーヒーを買って、ソファーに座って飲む。
知り合いのおじさんがコーヒーを買いに来た。
今日はどうですかと。
いま眼科によって、眼底検査を受けたので、目がぼーとしているのですよと。
少し休んでいこうと思って寄ったんだと。
まあ無理をしないで楽しんで帰ればと。

 

そこでブラブラして、いつもの海にたどり着く。
1円パチンコだ。
ここで千円入れる。
200円分を出すもすぐに飲まれる。
また出して、これも飲まれる。
台の光がまぶしい。
600円目で1回上がった。
やっていると、ほとんど飲みこまれる寸前で、また1回上がった。
今度は続けて上がった。
知り合いのおじさんが通りかかって、少しは出ているねと。
どうせまた呑み込まれますよと。
しかしやっていると、1箱溜まった。
もう1時間やっている。
そこでここでやめる。
約千円の儲け。
時間つぶしが目的だからこれで帰る。

歩いていくと危ないので、バスで帰った。
もう目はほとんど元に戻っていた。


このページの先頭へ戻る