ドラマ好きの私

9月に「アンフェア the end」が公開されるためなのか、テレビに再放送されています。
だいたいの流れはわかりますが、やはり以外な人が犯人になっているのはおもしろいですね。
自分の身近で最も信頼している人が犯人になっているのですから、予測するのは非常に難しかったです。
それが、この物語のいいところでもありますがね。
物語が進むにつれて、犯人が一人二人と、ほんとうの首謀者にたどりつくまでに1話たりとも見逃せません。

 

また、スタッフの衣装もいいですね。
篠原涼子さんが着用しているロングコートは、現実にない刑事の恰好でしょうから
視聴者もそれなりに楽しむことができているのではないでしょうか。

 

今回の映画タイトルには「これですべてを終わらせる」と書かれていますが
雪平刑事の父親を殺害した犯人の真相が暴かれるんでしょうね。
そして、今回もその犯人は身近な刑事なのだろうか。
素人はそのように予想してしまいますが、ほんとは全くの別人だったりするかもしれません。

 

アンフェア the endのタイトルどおり、ほんとうにこの映画でシリーズが完結するのかな?
何となく、続編がありそうな気がしてなりません。

 

DVDで流行った「24」シリース゛のように、主役のジャックバウアーがずっと生き残っているんですね。

 

アンフェアも次なる問題が浮上することに少しは期待していところもあります。
劇場公開が待ち遠しい今日この頃です。


このページの先頭へ戻る