東京の電車

考えられない通勤ラッシュ

山手線のケーブル火災、困りますよね。東京は、本当に人が多いです。

 

私も東京で仕事をしていたので、電車のこみ方のすさまじさは、想像を絶するものでした。

 

その通勤ラッシュの時間にベビーカーをのせるお母さんがいるといって、テレビで話題にされていました。まさか、ベビーカーが乗れるなんて、思いもよりませんでした。

 

自分が働いていたころは、湘南ラインもないし、副都心線も大江戸線もありませんでした。だから、地下鉄はすごかったです。つま先立ちなのです。
当時、浦安に住んでいましたが、茅場町までの東西線は、死に物狂いな有様でした。痴漢にも会いました。ズボンの上から、前を触られたのです。痴漢の手を持ち上げ、「痴漢」といったとおもいます。そのぐらい詰め込まれていました。当時はベビーカーをのせるのは、到底、無理だったと思います。

 

それが、のせられるというのですから、少しは電車の状態が緩和されたのかもしれません。

 

企業を地方に移すべきではないでしょうか。その方が人間が人として、生きられると思います。苦しすぎます。思い出すだけでもぞっとします。

 

その点、関西はこみ合うことがないのです。当時の東京を知っている者に言わせるとですが。


このページの先頭へ戻る