人の新たな一面

楽しみにしていたよるタモリ

最近改めて面白いと思うタレントはタモリさんです。

 

もう終了してしまいましたが、長寿番組「笑っていいとも」は私の小学校時代に始まり、当時は「今夜は最高」などもあってまさに「芸人としてのタモリ」の全盛期を私の世代は知っています。そういう私からすると、ここ10年くらいのタモリさんには「昔は面白かったのに...」という印象を受けていました。

 

その印象が少し変わったのは「ブラタモリ」が始まった頃です。

 

「タモリ倶楽部」でも鉄道や地形・地質などに造詣が深いマニアックな一面を見せてはいましたが、そこに焦点を当てた番組が「ブラタモリ」でした。

 

東京の坂道について本を一冊書いているほど坂道好きのタモリさんは、この番組でとても活き活きしているように見え、若い頃の「アングラ芸人」時代とはまた違う魅力を醸していて、ともすれば小難しくなりがちな番組内容を興味深くしてくれていました。「笑っていいとも」終了後はスケジュールに余裕ができたのか「ブラタモリ」も全国の都市を巡っています。

 

 

そして去年の秋から日曜深夜にスタートしたのが「ヨルタモリ」。宮沢りえさんをママに迎えた架空のバーを舞台にゲストとのトーク、タモリさんの出鱈目なコント、レギュラーミュージシャンとの即興セッションなど「今夜は最高」も彷彿とさせてくれる内容です。

 

しかし、大変残念なことにその「ヨルタモリ」が終了するというニュースがリリースされました。契約の関係で最初から一年と決まっていたとのことです。
年に一回や二回でいいから復活してくれないかなという事を、今は願うばかりです。


このページの先頭へ戻る