小学生の話題

なつかしいドラゴンボール

小学校2年生の男の子の話題です。

 

最近、小学校の間ではドラゴンボールがすごく人気があるとのこと。ドラゴンボールは言わずと知れた鳥山明氏による漫画で、30年ほど前から大変人気のある作品です。
今回は過去の物語からの続編で、再度アニメ化され親子そろってテレビで見ています。

 

やはり、小学校低学年のため戦いや強いキャラクターが魅力的なようです。
ただ、悪役キャラの悪い口調の言葉をまねたり困る面もありますが…

 

ただいつも見ていて思うのですが、小学生くらいの子の話題の移り変わりは早いものです。
昨年は妖怪ウォッチの人気が非常に高く、妖怪メダルも入手も困難で、週末は玩具店巡りだった記憶があります。
その妖怪ウォッチもアニメは見ていますが、もう玩具には全く興味がないようです。

 

そう考えるとポケモンはいまだに人気があり、グッズも売れているので本当に凄いなと感心します。
また、ドラゴンボールは年数が経過して、親子で同じ話題で楽しめるという魅力があります。

 

こういった作品は素晴らしいと思います。
なかなか共通の話題は探すのが難しいので、小学生と同じ位置に立ちお互い話し合える話題は素敵です。
さらには「ど根性ガエル」も実写化されています。今後も多くの作品が復活してほしいです。


このページの先頭へ戻る